沢山の家

一人暮らし事情

私は一人暮らしをしているのですが、やはり、一人暮らしというのは心細くなるものであります。
特にさびしがり屋さんには一人暮らしはお勧めできません。
そのような場合はやはり実家で暮らすことやガールフレンドと暮らすことをお勧めします。
また最近ではマンションといってもとてもつながりが深い不動産というものが存在します。
そのような不動産であればほかの住人との会話というものがありますし、さびしい気分にもなりません。
またそのようなところに住んでいる人はおそらく野心がものすごく高いので自分にとって刺激になることは間違いないと思います。これはやはり実家暮らしだと味わえないことだと思いますので、このような経験をしておくことは今後の人生考える上において大事になってくるのではないでしょうか。私はそのような物件にも将来的には住みたいなあとは思っているのであります。今のような堕落している暮らしを送っていては何の刺激もないのでこのような思いがあります。
以上のことから考えると一人暮らしというのはさまざまであるということがわかります。
自分の性格などが一人暮らしに合うのかどうかを考えて一人暮らしをしないと大変なことになります。

分譲マンションから賃貸へ住み替えた理由

私は30代の時に分譲マンションを買いました。3千万円台の物件、もちろんローンです。「これで、自分も一人前」と感じ、当時は多いに満足したものです。ところが、2年と経たないうちに、状況が変ってしまいました。

妻が、そのマンション内の人間関係に悩むようになったのです。分譲マンションのことですから、下町のようなご近所づきあいがあるわけではありません。しかし、奥さん同士のつきあいはそれなりにあって、数名が集まっていっしょにランチしたり、ちょっとしたホームパーティのようなものは、時おり行われていたようです。

私は外で仕事をしていますので、ほとんどノータッチでしたが、妻からよく、その話を聞いていました。最初のうちは妻はうれしそうにしていましたが、ほどなく、その人間関係がうまくいかなくなり、妻はグループの中で「いじめ」のようなことをされるようになって行ったのです。

「いじめ」のことは私はあとから聞きました。かなりきつい精神的ないじめだったようです。それが半年ほど続いたとき、妻はついにがまんの限界に達したのでしょう。ある日、泣きながら「引っ越ししたい。お願い。ここから脱出させて」と訴えたのです。

話を聞けば、放ってはおけない状況です。家も大事ですが、妻の体と精神の方が大事なことはいうまでもありません。私たちには子どもがおらず、夫婦二人の生活という身軽さもあり、引っ越す決断をしました。

それ以来ずっと、賃貸マンションに住み続けています。賃貸はいつでもかんたんに引っ越すことが出来ますから、もし「隣人トラブル」が起きても、あのときの妻のように思い悩む必要はありません。精神衛生上、賃貸のほうが好ましいのではないでしょうか。

分譲賃貸と借家のメリットデメリット

賃貸住宅を検索すると、一軒家や高級マンションを見かけることはよくあるかと思います。
購入はできないけれど賃貸なら住めそう、家賃払うなら気兼ねのない綺麗な場所が一番です。

そんな時に目に入るのは分譲賃貸と借家です。
分譲マンションは性能のよいキッチンや浴槽、ゴミ出しなんかも便利で、広く綺麗な間取り、そして丈夫そうな作りが目立ちます。
借家は、上下左右に気兼ねない生活ができそう、駐車場が付いていれば無料、育児がノビノビできそうなど気持ちに余裕ができそうです。

でも、部屋のオーナーさんのいる分譲賃貸や家主さんのいる一軒家は、何かあった時に揉めることが多いんです。

まず、何をするにも家主の許可が要ります。
備え付けのエアコンが動かないので修理をしたいという事があれば、不動産屋から家主にお話してもらいます。
わかりましたとスンナリ話が進めばいいですが、契約者が壊したんじゃないのか、自分が住んでいる時は動いてた、ちょっと待ってほしいなどという答えは少なくありません。
今すぐに使いたいものが動かない、新しく買うのも修理するのも返事待ちということになるのです。
借家は特に注意が必要です。
賃料が安い物件は築年数も古く、見えない水回りがダメになっていることが多いのです。
こういったものの修理は、現在住んでいる人がやらねばならなかったりするので、無駄なお金を使わないように、契約時によく確認しましょう。


快適で刺激的な生活を送りたい人はシェアハウス大阪でするのをオススメしています。大阪ならではの癖の強い人と一緒に住むことになるので、色々な面で鍛えられるでしょう。

TOP